Googleのペナルティについて考える!

まずは有益なコンテンツ!

サイトの運営を始めた時に、少しでもサイトの評価を上げるために誰もがSEO対策を考えます。

具体的には、検索エンジン用にサイトの構成やhtmlタグを修正してサイトの中身を最適化する内部対策や、外部からのサイトの評価を上げるために被リンクを集める外部対策など、検索エンジンに対するSEO対策を行います。

しかしサイトの評価を上げる上で内部対策や外部対策は、もちろん大事ですが、最も考えなければならないことは、検索エンジンに対してではなく、常にサイトに訪問してくれるユーザーのことを考え、ユーザーの役に立てるコンテンツを提供できるかということを意識することが大事です。

ならばユーザーの役に立てるコンテンツとは、どういったコンテンツなのでしょうか?

デザインがキレイなサイトを指すのでしょうか?
それとも文章が上手いサイトを指すのでしょうか?

答えはどちらでもありません。デザインがキレイなサイトや文章が上手いことが、有益なコンテンツという訳ではありません。もちろんデザインが格好良くて、文章が上手いに越したことはありませんが、有益なコンテンツとは違います。

そこで有益なコンテンツについて簡単にですが、ご紹介したいと思います。何かの参考にしてもらえれば幸いです。

有益なコンテンツとは?

記事を読むことにメリットがある!

読めば「自分の成長につながる!」「ビジネスになるかもしれない!」など、自分にとってメリットがある記事は必ず読まれます。人には知識欲があります。特にブログをマメに読む人などは人よりも知識欲が強いかもしれません。そんな人たちに「あなたの成長に役立ちますよ!」と言うメッセージを送れば、確実に読んでもらえます。もちろん、そんな記事を書くのは容易ではありません。

他の人に教えてあげたくなる内容!

上記でも説明しましたが、人には知識欲があり、身に付けた知識を人に教えてあげたくなる生き物です。教えてあげた時に、周りの人たちが感心してくれれば嬉しいですよね。なので周りの人に教えてあげたくなるような情報を記事にしましょう。もちろん、そんな記事を書くのは容易ではありませんし、注意点としては、人の目を引き付けたいと思うばかりに炎上ネタなどに走らないように注意しましょう。

難しいことを分かりやすく伝えている!

初心者の方に教えるかのように、誰が見ても分かる記事を書くのも大事なポイントです。誰もが迷ったり、つまづきそうになる部分を事細かにイラストなどを交えて説明してあげたりする記事は、確実に誰かの役に立ちます。私が普段チェックしているブログでも、本当に事細かに情報を掲載してくれているブログがあり、本当に感謝です。

以上です。かなり大まかに説明しましたが、参考になりましたでしょうか?

上記の3点が出来ているサイトは、間違いなくリピーターが多い有益なサイトになっているはずです。常に記事を書いた先には検索エンジンではなく、ユーザーがいることを意識することが大事です。

ページ先頭へ