Googleのペナルティについて考える!

Googleの主なアップデートとは?

Googleの検索エンジンのアルゴリズムは、常に試行錯誤しながら情報がアップデートされています。

WEB業界にいる人にとって、このGoogleのアップデートが行われた時は、自分の運営しているサイトにどのような影響を及ぼすのかチェックする必要があります。過去にブラックなSEO対策をしたことがある人は、急激に順位が落ちたり、検索エンジンからキャッシュが削除されてしまったりなんてこともあるかもしれません。

そこでサイトを運営するなら最低限知っておくべきGoogleのアップデートについて、まとめておきたいと思います。

Googleの主なアップデート!

パンダアップデート

パンダアップデートとは、簡単に言うとコンテンツを評価するアップデートです。中身のないコンテンツばかりのサイトは、このアップデートで軒並み検索順位が下げられました。今まで正当に頑張って、質の高いコンテンツを作ってきたサイトは評価が上がり、検索順位が上がっています。

ユーザーが入力する検索キーワードは、ユーザーの悩みそのものです。その悩みに対して検索一覧に出てくるコンテンツは答えを用意する必要があります。答えを用意するためには、それなりのコンテンツが必要です。より検索で正確な答えを用意するために、行われたアップデートだと思います。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートとは、サイトが受けている被リンクを評価するためのアルゴリズムになります。今も昔もサイトの評価に被リンクは大きな役割を担っています。そこで被リンクの数を意図的にシステムなどを使って増やし、検索順位をコントロールする行為が横行していました。それを取り締まるために導入されたのが、ペンギンアップデートです。

業者からリンクを購入したり、隠しテキストを設置したり、不正なことを行ったサイトは大幅に順位を下げられたり、検索エンジンからキャッシュが削除されたり、踏んだり蹴ったりな目にあっています。

ハミングバードアップデート

ハミングバードアップデートは、上記のアップデートとは違い、これからの検索エンジンの方向性を示す大事なアップデートでした。このアルゴリズムが導入されたことにより、検索エンジンはユーザーが入力した意図まで読み取ることが出来るようになり、会話型の検索エンジンが可能になったことを示します。

将来、Googleが人工知能の開発した時に、その始まりとなったアップデートと言われるかもしれません。

まとめ!

いかがでしょうか?Googleの主なアップデートの概要は分かって頂けたでしょうか?Googleは常に何らかの細かいアップデートを行っています。上記以外にも、パイレーツアップデートやペイデイローンアップデートなどの重要なアルゴリズムのアップデートがあります。

ただ常に有益なコンテンツを意識して作ることで、Googleのアップデートの影響を受けないようなサイトを作れるようにしましょう。

ページ先頭へ