Googleのペナルティについて考える!

ワードサラダは論外!

自分の運営しているサイトの評価を上げるためには、常に記事を書いて情報を発信し続けるしかありません。最低でも週一回は新しい記事を更新したいところです。もちろん、ただ書けば良い訳ではなく、訪問者にとって有益な記事を書き続ける必要があります。

サイトを運営したことがある人なら分かると思いますが、記事を書き続けるのは意外と大変です。価値のある記事を書こうとすればするほど、記事作成に時間が掛かってしまうものです。

そこで自分の手で記事を書き続けることを止め、システムを使って自動でテキストを作り出し、記事にしてしまおうと考える人が出てきました。それがワードサラダと呼ばれる手法です。

ワードサラダは具体的にどんな文章?

プログラムが自動で作っている文章ですから、意味不明な文字の羅列が並んでいるだけです。ただ人の目から見れば、全く意味がない文章でもコンピューターからすれば、判別できないものもあります。そういったコンピューターのスキを突いた手法です。非常に残念な行為ですね。

ワードサラダと呼ばれるようになった理由は、文章の中に関連性のない言葉が並べられている様子が、サラダの中にいろいろな野菜が散らばっている様子に似ていることからワードサラダと呼ばれるようになったようです。

ワードサラダで文章を作り続けたらどうなる?

一昔前は検索エンジンをごまかすことも出来たのかもしれませんが、今は全く通用しないと思った方がいいです。そんな意味不明なコンテンツを作り続けていると、間違いなくペナルティを受けます。しかも検索エンジンからキャッシュが全て削除されてしまうような一番重いペナルティを受けるのではないでしょうか。

今は普通にペラサイトを作っても、手動ペナルティを受ける時代です。

まとめ!

いまさらプログラムを使って文章を自動生成しようと考える方はいないと思いますが、記事を書く時は必ず自分の手で書くようにしましょう。自動生成は楽ですし、量もこなせますが後で必ずそれなりの代償を払うことになります。自分の手でコツコツと記事を書き続けることが一番サイトの評価を上げることにつながります。

地道にやるのが一番良いということです。楽しようとしたらダメなんですね。

ページ先頭へ